スーパーキッズにするスーパー育児法

外部委託先のシステムエンジニアが関与認める

2014年7月29日(火曜日) テーマ:

枡:通信教育大手ベネッセコーポレーションから大量の顧客情報が流出した問題で、情報管理を再委託されていた外部業者のシステムエンジニアが警視庁の任意の事情聴取にたいし、情報持ち出しへの関与を認めていることが分かりました。

枡:この問題は、ベネッセコーポレーションからおよそ760万件の個人情報が流出したものです。顧客情報の持ち出しには、ベネッセコーポレーションのグループ会社シンフォームが情報管理を再委託していた外部業者のシステムエンジニアのIDが使われた疑いがあり、警視庁はこのシステムエンジニアから任意で事情聴取していました。捜査関係者によりますと、このシステムエンジニアは情報の持ち出しへの関与を認めているということです。警視庁は関与の裏付けを進めるとともに動機や名簿業者への情報の流れを調べることにしています。

新宿の美容室、美容院